スクリュー杭(76Φ)と単管パイプ(48.6Φ)を接続できる自在クランプ

異径クランプ(スクリュー杭と単管クランプを接続できる自在クランプ)
異径クランプ

様々な用途で利用できる単管クランプ(自在)です。
スクリュー杭(76mmΦ)と単管パイプ(48.6Φ)、それぞれ経の異なったものを接続できます。

用途別 使用例

スクリュー杭の引抜力と引張力のアップと沈下防止に。

スクリュー杭の施工で基礎強度が心配になることはありませんか?

  • 引き抜き強度は大丈夫だろうか?
  • 引張強度は出るだろうか?
  • 沈下しないだろうか?
  • 横揺れを起こさないだろうか?
異径クランプを使ったスクリュー杭の基礎強度アップのために。
スクリュー杭の基礎力アップ

これらの心配を軽減するために、スクリュー杭に対して単管杭を斜材として使用することで基礎を補強することができます。
スクリュー杭(Φ76)と単管杭(Φ48.6)を当社の異径単管クランプ(自在)で接続し、単管杭を地中に打込みます。
この方法を使うことにより、引抜、引張の強度はアップし、同時に沈下のリスクを軽減します。

スクリュー杭の横揺れ防止に。

地盤傾斜の問題などで、GLからスクリュー杭のフランジ(頭)が予定より出すぎることはありませんか? スクリュー杭の深度不足は基礎力を弱めることになり、架台の横揺れの原因となります。

スクリュー杭の横揺れを防止し、スクリュー杭の基礎を補強する。

出すぎてしまったスクリュー杭と隣のスクリュー杭を単管パイプでつなぐことにより、スクリュー杭の横揺れを防止することができます。
また、GLから出すぎてしまったスクリュー杭に対しては単管パイプを斜材として組み合わせることで更に強度を担保することが可能です。

スクリュー杭に斜材を連結して横揺れ防止に役立てます。

継ぎ足し杭(ダブルフランジ)を使用した際の補強に。

スクリュー杭の長さが足りずに継ぎ足し杭(ダブルフランジ)を使用した場合、継ぎ足し杭のズレ落ちや横揺れを防止するために補強が必要になることがあります。
継ぎ足し杭は長くなればなるほど揺れが大きくなり強度が落ちる性質がありますので、単管パイプをブレースとして補強します。
* ダブルフランジとスクリュー杭をつなぐと更に強度が出やすくなります。

継ぎ足し杭(ダブルフランジ)を使用した際の強度不足を補強します。
継ぎ足し杭(ダブルフランジ)を補強します。

ご注意

どの工法も強度を保証するものではありません。

お問い合わせ0748-60-2559受付時間 9:00-17:00

お問い合わせ お気軽にお問い合わせください。