太陽光発電所の工事には、地盤調査のデータが必要!

スクリュー杭基礎に必要な ”N値と土質” を測定
スウェーデン式の地盤調査を行っております。

スクリュー杭で施工される際には、 地盤調査によって ”N値と土質” を調べて、”スクリュー杭の長さ” を選定する必要があります。
特に高圧案件については、完了時にスクリュー杭の基礎強度を証明するために地盤調査の資料が必要となっておりますので、スクリュー杭を発注される前に必ず地盤調査を行うようにしてください。

「現場での ”引き抜き試験” や ”引張試験” は、地盤調査のデータを補完するデータであり、地盤調査のデータとしては認めない」として、経済産業局などでは地盤調査の資料がないと受け付けてもらえないケースが多くあります。

地盤調査のサービス内容

スウェーデン式サウンディング試験による地盤調査

  • 調査はスウェーデン式サウンディング試験となります。
  • JIS A 1221に準拠したデータです。
  • 調査深度は基本を5mまで対応としております。
  • 各深度ごとにN値を算出します。
  • 各深度ごとの推定土質を調査します。

調査報告書の作成

  • 試験ポイントごとに詳細なデータを作成いたします。
  • 試験方式や計算方式についての資料を添付いたします。
  • 調査報告書として提出させていただきます。

費用について

お見積りいたしますので、お問い合わせください。

調査可能エリア

滋賀県、京都府、大阪府、和歌山県、兵庫県、岡山県、三重県、岐阜県、福井県、静岡県(浜松市以西)。
* エリア内でも不可能な場合がありますので、事前にお問い合わせください。
* エリア外でも調査可能な場合がありますので、お問い合わせください。

試験風景と調査データ

お問い合わせ0748-60-2559受付時間 9:00-17:00

お問い合わせ お気軽にお問い合わせください。